[鳥栖]主任司祭から」カテゴリーアーカイブ

「善き牧者の声を聞き分ける」教皇、日曜正午の祈り

バチカン放送日本語課[2020.5.3.]より

教皇フランシスコは、5月3日(日)、バチカンで正午の祈りを唱えられた。

教皇フランシスコは、5月3日(日)正午、レジーナ・チェリの祈り(アレルヤの祈り)をバチカン宮殿からビデオを通して唱えられた。

カトリック教会の典礼暦の復活節第4主日は、「善き牧者イエス」に捧げられている。

教皇は祈りの前の説教で、この日の福音朗読箇所、ヨハネ福音書の「善き牧者」のたとえ(10,1-10)をテーマに、羊たちを導く善き羊飼いである神の声と、そうでない声の聞き分け方について話された。

教皇の説教は次のとおり。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

今日、復活節第4主日は、「善き牧者イエス」に捧げられています。福音書にはこうあります。「羊はその声を聞き分ける。羊飼いは自分の羊の名を呼ぶ」(参照:ヨハネ10,3)。主は、わたしたちを名前で呼ばれます。主がそうなさるのは、わたしたちを愛しておられるからです。しかし、福音書は続けて、羊がついて行かない別の声、羊に害を加える、知らない者、盗人、強盗たちの声について述べています。

このように様々な声が、わたしたちの中で響いています。そこには、わたしたちの良心に優しく語りかける神の声があります。また、一方で、わたしたちを悪に導く誘惑者の声があります。どのようにして、善き羊飼いの声と盗人の声を聞き分け、神から来るインスピレーションと悪が及ぼす感化を見分けることができるのでしょうか。

この二つの声の識別を学ぶことは可能です。実際、この二つの声は異なる言語を話し、わたしたちの心の扉を異なる方法で叩くからです。わたしたちが言語の違いを解するように、神の声と悪の声は、区別がつきます。神の声には決して押し付けがありません。神は提案されますが、押し付けません。一方、悪の声は誘惑し、責め立て、強要します。まぶしい幻想を生じさせ、一時的な感情をそそのかします。その声は、最初はおだてながら、わたしたちが全能であるかのように信じさせ、その後で、わたしたちを虚無の中に突き落とし、「おまえには何の価値もない」と宣言するのです。これに対して、神の声は、大きな忍耐をもってわたしたちを正し、そして常に勇気づけ、慰め、希望を育みます。神の声が地平を開くのに対し、悪の声はあなたを壁へ、角へと追い詰めます。

もう一つの違いがあります。敵の声は現在から視線をそらせ、未来の不安や過去の悲しみにわたしたちを集中させます。悲嘆をもよおさせ、受けた不正や、自分を傷つけた人などを思い出させます。これに対し、神の声は現在を語ります。「今、あなたは善いことをしなさい。今、愛の創造性を働かせなさい。あなたの心を囚われたままにしている、嘆きや後悔を、今、捨てなさい」。神の声は、わたしたちを励まし、前進させ、現在について話すのです。

また、二つの声は、わたしたちの中に異なる問いを生じさせます。神の声が生む問いは、「わたしにとって善をもたらすものは何だろう」というものです。誘惑者は別の問いをしつこく投げかけます。「わたしにとって都合の良いことは何だろう」と、悪い声はいつでも、衝動や必要など、「自分」の周囲だけを回り、すぐに全部を要求させる声です。聞き分けのない子どものように、すべてをすぐに欲しがるのです。神の声は、安上がりな喜びを約束しません。真の善と平和を見出すために、わたしたちが自分自身を乗り超えていくよう招きます。悪は決して平和を与えません。まず熱狂的にさせ、あとで苦しみをもたらします。これが悪のやり方です。

最後に、神の声と誘惑者の声は、それぞれ異なる環境で語りかけます。敵は闇と、欺瞞、噂話を好みます。主は日の光と、真理、誠実な透明性を愛します。敵はこう言うでしょう。「自分の中に閉じこもれ。どうせ誰もおまえを理解しないし、耳を貸さない。誰も信じるな」と。善はこれに対し、自分自身を開き、透明さを保ち、神と人を信頼するようにと招きます。

親愛なる兄弟姉妹の皆さん、この日々、多くの思いや心配が、わたしたちを自分自身の中に再び入らせようとしています。わたしたちの心に及ぶ声に注意を傾けましょう。そして、それがどこから来る声かを問いましょう。善き牧者の声を聞き分け、それに従う恵みを祈り求めましょう。善き牧者は、わたしたちをエゴイズムの囲いから連れ出し、真の自由の牧地へと導きます。善き勧めの聖母よ、わたしたちの識別を導き、見守ってください。03 5月 2020, 15:50

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

5月14日「祈りと断食の日」:教皇「諸宗教と心を合わせて」

バチカン放送日本語課[2020.5.3.]より

教皇フランシスコは、来る5月14日を「祈りと断食の日」とし、諸宗教の信者と心を合わせて祈るように呼びかけられた。

教皇フランシスコは、5月3日(日)の正午の祈りの席で、来る14日を「祈りと断食の日」とし、諸宗教の人々と共に、パンデミックの収束のため祈るよう呼びかけられた。

祈りの持つ普遍的価値を強調された教皇は、「人類の兄弟愛のための高等委員会」の提案を受け入れ、5月14日を祈りと断食、愛徳の業の日とし、すべての宗教の信者と精神的に一致し、人類が新型コロナウイルスの感染拡大を克服することができるよう神に助けを祈り求めよう、とアピールされた。

「人類の兄弟愛のための高等委員会(議長 ミゲル・アンヘル・アユソ・ギクソット枢機卿)」は、2019年2月、教皇のアラブ首長国連邦訪問の際、アブダビでアル=アズハルのグランド・イマーム、アフマド・アル・タイーブ師と共に「世界平和のための人類の兄弟愛」をめぐる共同文書に署名したことをきっかけに、昨年8月にバチカンに設立された組織で、世界各国の宗教指導者や研究者から構成される。

同委員会はこのたび発表した声明の中で、新型コロナウイルスに世界の無数の人々のいのちが脅かされているこの時、創造主なる神が人類をこの試練から救い、科学者らのこの感染症に打ち勝つための研究を助け、パンデミックによる医療・経済・人道的影響から世界を解放してくださるよう、断食と愛徳の業のうちに、願い求めるようアピールした。

そして、同委員会は、来る5月14日を「祈りと断食、人類のための祈願の日」として、世界の諸宗教の指導者および信者に、人類がこのパンデミックを克服し、安全と、安定、健康、発展を取り戻し、より人間的で兄弟愛に満ちた世界を築けるよう、声を一つに祈るよう招いている。03 5月 2020, 17:30

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

映画の紹介2[2020.5.2.]

Netflixで観れる映画の紹介

・「—— ローマ法王 —— フランシスコ」

・「2人のローマ教皇」 アカデミー賞ノミネート作品

・「マザー・テレサからの手紙」

・「沈黙 — サイレンス —」

・「ノア 約束の舟」

・「天国はほうとうにある」

・「A. D. 聖書の時代」

・「ストーリー・オブ・ゴッド with モーガン・フリーマン

・「WW II 最前線 カラーで甦る第二次世界大戦」

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

アベイヤ司教さま紹介動画11

昨年、フランシスコ教皇さまを日本にお迎えする準備として、一年かけて教皇メッセージに耳を傾けました。今回、アベイヤ司教さまをお迎えする準備として、大阪大司教区での司牧の様子を紹介させていただきます。今回は司教叙階式の模様です。

ヨゼフ・アベイヤ司教さまは、すでに司教に叙階されていますので、福岡では福岡教区の着座式が行われます。着座式は、現在のところ5月上旬に関係者のみ参加の上で行われる予定です。日時が決まり次第連絡いたします。

2018年7月16日(月)11時から、カトリック大司教区ヨゼフ・アベイヤ被選司教、パウロ酒井俊弘被選司教叙階ミサおよびトマス・アクィナス前田万葉枢機卿新任報告が大阪カテドラル聖マリア大聖堂で行われました。

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

主日ミサの動画配信:復活節第4主日[2020.5.3.]

東京大司教区カテドラル関口教会のホームページでは菊地功(きくち いさお)大司教司式の主日のミサが10時から動画配信されています。メディアを通してミサに参加し、主のみことばを聞き、霊的に聖体拝領されることをお勧めします。《ここをクリック》

長崎大司教区では5月3日9時30分から長崎大司教館チャペルにて高見三明(たかみ みつあき)大司教司式の主日のミサが動画配信される予定です。《ここをクリック》

【霊的聖体拝領の祈り】 主イエス・キリスト、あなたがご聖体の秘跡のうちにまことにおいでになることを信じ、すべてに超えてあなたを愛し、私の心に迎えたいと望みます。今、秘跡によるご聖体を受けることができない私の心に、おいでくださいますように。(少し沈黙で、イエス・キリストを心の中に迎え入れる)あなたが、今私の心にまことにおいでくださったことを信じて感謝します。いつもあなたと一致したいと望む私が、あなたから離れることのないようにしてください。」(カルメル会『祈りの友』より)

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

労働者聖ヨセフの日:教皇「すべての人に仕事と尊厳を」

バチカン放送日本語課[2020.5.1.]より

カトリック教会の暦は、5月1日、「労働者聖ヨセフ」を記念した。

教皇フランシスコは、5月1日、バチカンのサンタ・マルタ館で、ミサを捧げられた。

教会の典礼暦で「労働者聖ヨセフ」を記念したこの日、同館の礼拝堂には、イタリアのカトリック労働者連盟によって聖ヨセフ像がもたらされた。

このミサの冒頭で、教皇はすべての働く人々のために祈られた。

教皇は、誰にも仕事が欠けることがないように、そして、すべての人が正当な報酬を得ると共に、労働の尊厳と休息の素晴らしさを享受することができるようにと、祈り求められた。

説教で「創世記」の神の創造の業を思い起こされた教皇は、神はご自身に協力する者となるよう、ご自身の活動・仕事を人間に託された、と話した。

人間の労働は神から受けとった召命である、と教皇は述べ、労働は、仕事を通して創造することで、人を神に似た者とする、と説かれた。

教皇はまた、労働が人間に与える尊厳に触れ、歴史の中で蹂躙されてきたその尊厳、今日も見られる、労働者に対する強制や隷属化、低報酬、劣悪な労働条件など、労働者の尊厳を傷つける状況を見つめられた。

この労働者聖ヨセフの日、教皇は、労働者のためはもとより、労働者たちを解雇することを望まず、自分の子のように大切に扱う企業家たちのためにも祈られた。

そして、教皇は、すべての人に仕事と尊厳が与えられるよう、労働者たちを聖ヨセフの保護に託された。01 5月 2020, 14:45

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

映画の紹介1[2020.5.1.]

小郡教会図書室にある映画DVDの紹介 借りることができます。

・「マザー・テレサからの手紙」約118分

・「ブラザー・サン シスター・ムーン」121分 アシジの聖フランシスコと聖クララ

・「聖処女」158分 聖ベルナデッタの生涯

・「カロル — 教皇になった男187分 聖ヨハネ・パウロ2世の生涯

・「聖ヨハネ二十三世 平和の教皇」200分

・「十戒」232分 (ブルーレイ)

・「ベン・ハー」223分 (ブルーレイ)

・「クオ・ヴァーディス」174分 (ブルーレイ)

・「ヤコブへの手紙」75分

・「アメイジング・グレイス」118分

・「不都合な真実」96分 地球温暖化ドキュメンタリー

・「ライフ いのちをつなぐ物語」88分 動物たちの物語

・「ウイー アー ザ ワールド」109分+144分 この歌の背景物語

・「スポットライト」128分 (ブルーレイ) カトリック教会の信じがたい実態

・「火垂るの墓」88分

・「はだしのゲン」84分

・1952年作品「原爆の子」96分

・山浦玄嗣講演会「走れ、イエス!」78分

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

「真福八端の道は、復活への歩み」教皇一般謁見

バチカン放送日本語課[2020.4.29.]より

教皇フランシスコは、一般謁見で、「義のために迫害される人々は、幸いである」というイエスの教えをテーマに講話された。

教皇フランシスコは、4月29日(水)、バチカン宮殿で一般謁見をビデオを通して行われた。

教皇は、カテケーシス(教会の教えの解説)で、マタイ福音書中の「真福八端」(しんぷくはったん)の最後、8番目の教え、「義のために迫害される人々は、幸いである。天の国はその人たちのものである」(同5,10)を取り上げ、これによって「真福八端」をテーマにした考察を終えられた。

教皇フランシスコのカテケーシスは以下のとおり。

**********

親愛なる兄弟姉妹の皆さん

今日のカテケーシスで、「真福八端」をテーマにした一連の考察を終えたいと思います。

先ほど耳を傾けたように、「真福八端」の終わりに、義のために迫害される人々の終末の喜びが宣言されます。この最後の教えが告げるのは、最初の教えと同じ「天の国はその人たちのものである」という幸いです。天の国は、心の貧しい人たちのものであるのと同様に、義のために迫害される人々のものでもあるのです。こうして、わたしたちは「真福八端」の幸いの教えを一巡し、最後に一つのまとまりに到達したことがわかります。

心の貧しさ、悲しむこと、柔和さ、義への渇(かわ)き、憐れみ深さ、心の清さ、平和への努力は、キリストのために迫害を受けることにつながるかもしれません。しかし、その迫害は、最後には、天国での喜びと大きな報いをもたらすことになるのです。「真福八端」の道は、復活への歩みです。それはこの世に属した生き方から、神に属した生き方へ、肉すなわちエゴイズムに導かれた人生から、聖霊に導かれた人生へと向かわせるのです。

この世は、その偶像と、妥協(だきょう)、彼らが優先したいものによって、このような生き方を認めてはくれません。「罪の構造」は、しばしば、真理の霊からこれほどにも遠い人間のメンタリティーから築かれます。世はこの霊を見ようとも知ろうともしません(参照:ヨハネ14,17)。世は、貧しさや、柔和(にゅうわ)さ、清さを否定することしかできず、福音(ふくいん)が説く生き方を誤りや問題であるかのように、すなわち排除(はいじょ)すべき何かのように見なすのです。「彼らは理想主義者か、狂信者なのだ」と、世は考えるのです。

もしこの世がお金に従って動くなら、自分を差し出し、自己犠牲のうちに生きる人は誰でも、利益追求のシステムの中では、目障(めざわ)りな存在となってしまいます。この目障りという言葉は一つの鍵です。キリスト教的証しが多くの人によいものをもたらすことが、世俗的メンタリティーを持つ人々には目障りなのです。聖性と共に、神の子らの生き方が現われる時、その美しさの中には、立場をはっきりさせるようにと招く、安定を揺(ゆ)さぶる何かを人に感じさせます。それは、人からとがめたてられ、敵意を持たれ、議論されても、自(みずか)らを善に対して開くか、それとも、光を拒(こば)み、心をかたくなにするか(参照:知恵の書2,14-15)と問いかけるのです。殉教者たちの迫害において、敵意が憎悪にまでふくらむ様子は注視すべきものです。これは、ヨーロッパの前世紀の独裁体制において、キリスト者とその証し、英雄性に対して、いかに憎悪(ぞうお)が形成されたかを見るだけで十分です。

同時に、迫害のドラマは、この世の成功や、虚栄(きょえい)、妥協(だきょう)への隷属(れいぞく)から自由な場所があることをも示しています。キリストのためにこの世から拒絶(きょぜつ)される人は、何を喜びとしているのでしょうか。その人は全世界よりも価値のある何かを見つけたことを喜んでいるのです。実際、「全世界を手に入れても、自分のいのちを失ったら、何の得があろうか」(マルコ8,36)と言われるとおりです。

今この時も世界の各地で迫害に苦しんでいる多くのキリスト教徒たちを、痛みと共に思い起します。彼らの苦難が一刻も早く終わることを希求し、祈らなければなりません。今日の殉教者たちは、初期のキリスト教時代よりも多いのです。これらの兄弟姉妹たちにわたしたちの連帯を伝えましょう。わたしたちは、唯一のからだです。これらのキリスト者たちは、キリストの神秘体、すなわち教会の、血を流している手足なのです。

しかしながら、わたしたちは「真福八端」(しんぷくはったん)のこの教えを、被害者的、自己憐憫(れんびん)的な見方で読んではいけません。実際、人々から軽蔑(けいべつ)は、常に迫害と同義というわけではありません。この教えのすぐ後で、イエスは、キリスト者とは「地の塩」であると言い、「塩に塩気がなくなる」ことがないように、注意しています。さもなければ、塩は「何の役にも立たず、外に投げ捨てられ、人々に踏みつけられるだけ」(マタイ5,13)です。もちろん、わたしたちの過ちのせいで軽蔑(けいべつ)されることもあるのです。それは、わたしたちがキリストと福音の味を失った時です。

「真福八端」の謙遜(けんそん)な道を忠実に歩まねばなりません。なぜならこれは、この世ではなく、キリストに属する者となるように導く道だからです。聖パウロの生涯を思い出してください。パウロが自分を正しいと思っていた時、実は彼は迫害者でした。しかし、自分が迫害者だと気が付いた時、愛の人となりました。そして、喜びをもって迫害の苦しみに立ち向かったのです(参照:コロサイ1,24)。

もし神がわたしたちに恵みを賜(たまわ)り、わたしたちを十字架につけられたキリストと似た者とし、イエスのご受難にわたしたちを一致させてくださるならば、締め出しと迫害は新しいいのちの現れなのです。この生き方は、わたしたち人間とその救いのために、「軽蔑され、人々に見捨てられた」(参照:イザヤ53,3、使徒言行録8,30-35)キリストと同じものです。キリストの霊を受け入れることで、わたしたちは心に多くの愛を抱き、この世の欺瞞(ぎまん)と妥協することなく、その拒絶を受け入れながら、いのちを世のために与えることができるでしょう。

この世との妥協は危険です。キリスト者は常に、この世の精神に妥協する誘惑にさらされています。妥協を拒(こば)み、イエス・キリストの道を行くこと、これが最も大きな喜び、天国のいのちに導かれる生き方です。迫害の中には常にわたしたちに寄り添うイエスの存在があります。イエスはわたしたちを慰(なぐさ)めてくださり、聖霊の力がわたしたちを前進させます。福音に忠実な生き方が人々の迫害を招く時も、勇気を失ってはなりません。この道において、聖霊がわたしたちを支えてくださるからです。29 4月 2020, 16:45

Facebook にシェア
[`evernote` not found]