フランシスコ教皇」カテゴリーアーカイブ

7月8日、教皇によるミサ、ランペドゥーサ島訪問7年記念し

バチカン放送日本語課[2020.7.6.]より

7月8日(水)午前11時(日本時間同日午後6時)、教皇フランシスコは、ランペドゥーサ島への訪問から7年を記念し、バチカンでミサを捧げられる。

教皇フランシスコのイタリア南部・ランペドゥーサ島への訪問から間もなく7年目を迎える。

2013年7月8日、教皇フランシスコは、登位後の初めてのバチカン外への司牧訪問として、イタリア・シチリア州のランペドゥーサ島を訪れた。

この司牧訪問で、教皇は難民・移民、またこれらの人々の救助や支援にあたる行政・教会関係者との出会いを持たれると共に、地中海で命を失った多くの移民たちのために祈られた。

同訪問から7年目を記念し、イタリア時間7月8日(水)午前11時(日本時間同日午後6時)より、教皇によるミサがバチカンのサンタ・マルタ館の礼拝堂で捧げられる。

このミサの模様は、バチカン・ニュースを通じてビデオ中継される。

ちなみに、7月中は、夏期休暇のため、水曜日の教皇一般謁見は行われない。大きなミッションのためにあなたの支援を:すべての家に教皇の声を伝えるために06 7月 2020, 14:49

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、ローマの2教会でパンデミック収束を祈る

バチカン放送日本語課[2020.3.16.]より

教皇フランシスコは、ローマ市内の2つの教会で、パンデミックの収束のために祈られた。
教皇フランシスコは、3月15日午後、ローマ市内の2つの教会を訪れ、パンデミックの収束のために祈りを捧げられた。
バチカンのマッテオ・ブルーニ広報局長によれば、教皇は同日夕方、私的な形でバチカンを後にされ、聖マリア大聖堂(バシリカ・ディ・サンタ・マリア・マッジョーレ)を訪問された。
教皇は同大聖堂に保管される古い聖母子画「サルス・ポプリ・ロマーニ(ローマ人の救い)」の前で祈られた。
この聖母子画に対する教皇フランシスコの崇敬はよく知られており、教皇は様々な祭日はもとより、海外への司牧訪問の前後にも、この前で祈られている。
続いて、教皇は巡礼者として、ローマ中心街を貫くコルソ通りの一部を歩き、聖マルチェロ教会(キエーザ・ディ・サン・マルチェッロ・アル・コルソ)に向かわれた。
同教会には、1522年にペストがローマを襲った際、感染の鎮静を祈る宗教行列で掲げられたキリストの磔刑像がある。
当局からの禁止にも関わらず、民衆によって始められたこの宗教行列は、16日間にもおよび、この十字架を掲げた行列がローマのあらゆる地区を練り歩く中、ペストは次第に下火になっていったという。
1600年から、「聖年」を記念するたびに、聖マルチェロ教会から聖ペトロ大聖堂に向かう宗教行列が行われるようになった。十字架の裏には「聖年」が行われた年と、その時代の教皇の名前が彫られている。
教皇は同教会で、ローマを「大ペスト」から救ったという「奇跡の十字架」を見上げ、祈りを捧げられた。
この2つの教会への訪問を通して、教皇はイタリアをはじめ世界で拡大する新型コロナウイルス感染症の収束と患者たちの回復、また亡くなった方々の冥福と親しい人々への慰めを祈られた。
教皇の祈りは、仕事を通して社会のために奉仕する医療関係者、医師や看護師らにも向けられた。
教皇は、この訪問後、バチカンに戻られた。
16 3月 2020, 11:35

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇の2020年1月から2月の公式行事

バチカン放送日本語課[2020.1.8.]より

教皇フランシスコの、今年1月から2月にかけての公式行事が発表された。
教皇フランシスコの、2020年1月から2月にかけての公式行事が、教皇儀典室から発表された。
これによれば、教皇は「聖パウロの回心」の祝日である1月25日(土)、「キリスト教一致祈祷週間」の最終日にあたり、ローマの城壁外の聖パウロ大聖堂でエキュメニカルな祈りの集いをとり行われる。
続く1月26日(日)、教皇は「神のみことばの主日」を機会に、バチカンの聖ペトロ大聖堂でミサをとり行われる。昨年9月、教皇フランシスコは、「ブルガタ訳」と呼ばれるラテン語訳聖書の翻訳者、聖ヒエロニモ司祭教会博士(347頃-420)の帰天1600年を念頭に、自発教令「アペルイト・イッリス」を公布、典礼暦の「年間第3主日」に「神のみことばの主日」を制定された。
2月に入り、1日(土)夕方、教皇は聖ペトロ大聖堂で「主の奉献」の祝日のミサを捧げ、「第24回世界奉献生活者の日」を記念される。
2月23日(日)には、教皇はイタリア南部バーリを訪問。イタリア司教協議会主催の「地中海、平和の前線」をテーマとする考察と祈りの集会に参加、ミサを司式される。
08 1月 2020, 16:56

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇の2020年1月から2月の公式行事

バチカン放送日本語課[2020.1.8.]より

教皇フランシスコの、今年1月から2月にかけての公式行事が発表された。
教皇フランシスコの、2020年1月から2月にかけての公式行事が、教皇儀典室から発表された。
これによれば、教皇は「聖パウロの回心」の祝日である1月25日(土)、「キリスト教一致祈祷週間」の最終日にあたり、ローマの城壁外の聖パウロ大聖堂でエキュメニカルな祈りの集いをとり行われる。
続く1月26日(日)、教皇は「神のみことばの主日」を機会に、バチカンの聖ペトロ大聖堂でミサをとり行われる。昨年9月、教皇フランシスコは、「ブルガタ訳」と呼ばれるラテン語訳聖書の翻訳者、聖ヒエロニモ司祭教会博士(347頃-420)の帰天1600年を念頭に、自発教令「アペルイト・イッリス」を公布、典礼暦の「年間第3主日」に「神のみことばの主日」を制定された。
2月に入り、1日(土)夕方、教皇は聖ペトロ大聖堂で「主の奉献」の祝日のミサを捧げ、「第24回世界奉献生活者の日」を記念される。
2月23日(日)には、教皇はイタリア南部バーリを訪問。イタリア司教協議会主催の「地中海、平和の前線」をテーマとする考察と祈りの集会に参加、ミサを司式される。
08 1月 2020, 16:56

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

ビデオ:教皇フランシスコの2019年の公式行事ハイライト

バチカン放送日本語課[2019.12.31.]より

教皇フランシスコの2019年の多くの活動の中から、ハイライトとなる公式行事をビデオで振り返る。

教皇フランシスコは、今年1月、パナマで開かれたカトリックの若者の祭典「世界青年の日(ワールドユースデー)」に参加。2月には、アラブ首長国連邦の首都アブダビを訪問し、「世界平和のための人類の兄弟愛」をめぐる共同文書に署名。同じく2月、未成年者の保護をテーマにした会議のため司教らを招集した。10月、「アマゾン周辺地域のための特別シノドス」を開催。11月、日本(東京・長崎・広島)を訪問。そして、12月13日、教皇は司祭叙階50周年を祝った。31 12月 2019, 15:01

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇フランシスコ、83歳の誕生日を迎える

上の画像はバチカン放送英語版から

バチカン放送日本語課[2019.12.17.]より

教皇フランシスコは、12月17日、83歳の誕生日を迎えられた。
教皇フランシスコ(ホルヘ・マリオ・ベルゴリオ)は、1936年12月17日、アルゼンチンの首都ブエノスアイレスの、イタリア系移民の家庭に生まれた。
先日12月13日、教皇は司祭叙階50周年を祝ったばかりでもある。
教皇の83歳の誕生日には、イタリアのセルジョ・マッタレッラ大領領をはじめ、各国要人、そして、カトリック信者、またそうではない人を問わず、世界中から、手紙やEメール、教皇のインスタグラム(Pope Francis(@franciscus))などソーシャル・ネットワークを通じて、様々なお祝いのメッセージが届いた。
教皇フランシスコは、この朝、お住まいのサンタ・マルタ館の礼拝堂でミサを捧げられた。そして、世界中の人々のメッセージに囲まれながら、教皇登位後、7回目の誕生日をバチカンで過ごされた。
17 12月 2019, 17:05

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇フランシスコのタイと日本訪問・行事日程(最新版)[バチカン放送日本語課2019.10.29.]

教皇フランシスコのタイと日本訪問の最新スケジュールが発表された。
教皇フランシスコは、2019年11月23日から26日まで、日本を公式訪問される。
また、訪日前の11月20日から23日まで、タイ王国を訪れる。
このたび教皇のタイと日本への公式訪問の最新スケジュールがバチカン広報局より発表された。
教皇フランシスコの日本訪問中の行事日程は以下のとおり。
2019 年 11 月 23 日(土)
バンコク-東京
09:30 航空機にて東京へ
17:40 東京国際空港(羽田空港)到着
17:40 歓迎式 東京国際空港(羽田空港)にて
18:30 司教との集い ローマ教皇庁大使館にて(教皇の講話)
2019 年 11 月 24 日(日)
東京-長崎-広島-東京
07:20 航空機にて長崎へ
09:20 長崎空港 到着
10:15 核兵器に関するメッセージ 長崎爆心地公園にて (教皇のメッセージ)
10:45 日本二十六聖人殉教者への表敬 西坂公園・殉教の記念碑にて
(教皇の挨拶、お告げの祈り)
長崎大司教館にて 昼食
14:00 ミサ 長崎県営野球場にて (教皇の説教)
16:35 航空機にて広島へ
17:45 広島空港 到着
18:40 平和のための集い 広島平和記念公園にて (教皇のメッセージ)
20:25 航空機にて東京へ
21:50 羽田空港 到着
2019 年 11 月 25 日(月)
東京
10:00 東日本大震災被災者との集い “ベルサール半蔵門”にて (教皇の講話)
   天皇陛下との御会見 皇居にて
11:45 青年との集い 東京カテドラル聖マリア大聖堂にて (教皇の講話)
   教皇随行団と共に昼食 ローマ教皇庁大使館にて
16:00 ミサ 東京ドームにて (教皇の説教)
   首相との会談 官邸にて
要人および外交団等との集い 官邸にて (教皇の講話)
2019 年 11 月 26 日(火)
東京-ローマ
07:45 イエズス会員とのプライベートなミサ 上智大学クルトゥルハイムの チャペルにて
  イエズス会員と共に朝食およびプライベートな集い イエズス会 SJ ハウスにて
09:40 病気・高齢の司祭を訪問 イエズス会 SJ ハウスにて
10:00 上智大学への訪問 (教皇の講話)
11:20 別れの式 東京国際空港(羽田空港)にて
11:35 航空機にてローマ(フィウミチーノ空港)へ
17:15 ローマ(フィウミチーノ空港)到着


Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇のタイと日本訪問の詳細日程発表

2019年10月1日バチカン放送日本語課の記事より。

教皇のタイと日本訪問の詳細日程発表

今年11月に行われる、教皇フランシスコのタイ王国と日本への訪問のスケジュールが発表された。

今年11月に行われる、教皇フランシスコのタイ王国と日本への公式訪問の具体的なスケジュールがバチカン広報局より発表された。

教皇フランシスコは、この二カ国の訪問で、タイ王国を2019年11月20日から23日まで、そして、日本を11月23日から26日まで訪れる。

教皇の日本到着は、11月23日(土)の夕方となる。

4日間にわたる訪日期間を通じて、教皇は東京を滞在の拠点としながら、訪問2日目の11月24日に長崎と広島に赴かれる。

教皇の日本訪問の日程は次の通り、

**********

2019年11月23日(土)バンコクから東京へ

教皇は、タイの首都バンコクを、現地時間の午前9時半、日本に向け出発され、日本時間の同日17時半過ぎ、東京の羽田空港に到着。同空港で教皇は歓迎式に臨まれる。

この後、教皇は都内のローマ教皇庁大使館で、日本のカトリック司教団とお会いになる。

2019年11月24日(日)東京から長崎、広島へ

早朝、教皇は空路で長崎に向かわれる。午前9時過ぎに長崎空港に到着後、平和公園の「原爆落下中心地公園」で核兵器をめぐりメッセージを述べられる。

続いて、西坂公園の日本二十六聖人の記念碑を訪れ、殉教者にオマージュを捧げる。ここで教皇は挨拶を述べ、お告げの祈りを唱えられる。

次いで、教皇はビッグNスタジアム(長崎県営野球場)でミサを司式、説教を行われる。

同日16時半頃、教皇は長崎を後にし、空路で広島へ。広島には18時前の到着を予定している。

教皇は、広島市内の平和記念公園で平和のための集いを行い、この中でメッセージを述べられる。

同日夜、教皇は空路で東京に戻られる。

2019年11月25日(月)東京

この一日、教皇は都内で様々な行事を予定している。

午前中、教皇は東日本大震災被災者との集いをベルサール半蔵門で行い、この席で言葉をおくられる。

教皇は皇居を訪問され、天皇陛下との会見に臨まれる。

続いて、東京カテドラル聖マリア大聖堂での青年との集いを開催、講話を持たれる。

午後、教皇は、東京ドームでミサを司式、この中で説教を行われる。

この後、教皇は官邸を訪問し、首相と会談。同じく官邸で開かれる要人および駐日外交団らとの集いで、教皇は講話を行われる。

2019年11月26 日(火)東京からローマへ

早朝、教皇は上智大学のクルトゥルハイム礼拝堂で、イエズス会員らと私的にミサを捧げられる。次いで、イエズス会SJハウスで、イエズス会員と朝食、病気や高齢の司祭を見舞われる。この後、教皇は上智大学を訪問される。

教皇は、最後の公式行事である、羽田空港での送別式を経て、同日午前11半過ぎ、日本を後にし、ローマへの帰路につかれる。

教皇は、ローマに現地時間同日17時過ぎに到着の予定。

**********

一方、日本訪問に先立ち、2019年11月20日から23日まで行われるタイ訪問では、教皇は首都バンコクにおいて数多くの行事を持たれる。

教皇のタイ訪問の日程は以下の通り。

**********

2019年11月19日(火)ローマからバンコクへ

イタリア時間19時、教皇はタイの首都バンコクに向けて、ローマから特別機で出発される。

2019年11月20日(水)ローマからバンコクへ

現地時間正午過ぎ、教皇はバンコクの空軍基地に到着。同基地で歓迎式に臨まれる。

2019年11月21日(木)バンコク

バンコクのタイ政府首相府で、歓迎式典。首相府内で、教皇は首相との会見、同国各界代表・駐在外交団との集いを行われる。

ワット・ラーチャボピット寺に、仏教の最高指導者を訪問。

セントルイス病院で、医療関係者との出会いや、患者や障害者へのお見舞いを行われる。

アンポーン宮殿に、ワチラロンコン国王(ラーマ10世)を訪問。

そして、教皇は、国立競技場でミサを司式される

2019年11月22日(金)バンコク

教皇は、バンコク市内の小教区、セント・ピーター教会で、タイの司祭、修道者、神学生、カテキスタとの集いを行われる。

福者ニコラス・ブンカード・キトバムラングの巡礼聖堂で、教皇は、タイの司教団およびアジア司教協議会連盟関係司教らとの出会いを行われるほか、隣接の会場でイエズス会の会員らと私的な集いを持たれる。

続いて、教皇はチュラロンコン大学で、キリスト教の諸教会や諸宗教の指導者らとの集いに参加される。

この後、教皇は、バンコクのカテドラル、アサンプション大聖堂で、若者たちとミサを捧げられる。

2019年11月23日(土)バンコクから東京へ

教皇はバンコクの空軍基地で送別式に臨み、日本訪問のため、午前9時半、東京に向け出発される。

 

02 10月 2019, 12:03
Facebook にシェア

[`evernote` not found]