月別アーカイブ: 2019年12月

教皇、ナザレの聖家族を観想、正午の集いで

バチカン放送日本語課[2019.12.29.]より

教皇フランシスコは、「聖家族の祝日」、バチカンで正午の祈りを巡礼者らと共に唱えられた。
カトリック教会の暦は、「主の降誕」から最初の日曜日、12月29日、「聖家族」を祝った。
教皇フランシスコは、この日、バチカンで行われた正午の祈りで、神の御旨に自由と責任をもって完全に従った、マリア、ヨセフ、イエスからなる、ナザレの聖家族を観想された。
教皇はまず、救い主の母となるという特別な使命に召され、「わたしは主のはしためです。お言葉どおり、この身に成りますように」と答えたマリアの神への偉大な従順を見つめられた。そして、完全には理解できない出来事があっても、沈黙のうちに神のはからいに思いをめぐらせつつ、御子の十字架の下に立つに至るまでの、その完全な献身を称えられた。
次に、教皇は、聖ヨセフを「沈黙と従順の人」と表現。天使のお告げに従い、ヘロデの脅威から幼子を守るために、子どもと母親を連れてエジプトに避難し、ヘロデの死後イスラエルの地に帰り、さらにナザレに住むまで、沈黙のうちに行動で示し続けた聖ヨセフの神への従順を振り返った。
また、教皇は、聖家族を、暴力や戦争のために難民となった世界中の家族に連帯する存在として示された。
最後に、教皇はイエスを「神の御旨」そのものとして強調。その神への完全な従順を、たとえば、エルサレムの神殿にいた少年イエスの「わたしが自分の父の家にいるのは当たり前だということを知らなかったのですか」(ルカ2,49)という、心配して自分を探し回っていた両親に対する答え、また、「わたしの食べ物とは、わたしをお遣わしになった方の御心を行い、その業を成し遂げることである」(ヨハネ4,34)という常なる思い、「父よ、わたしが飲まないかぎりこの杯が過ぎ去らないのでしたら、あなたの御心が行われますように」(マタイ26,42)というゲツセマネでの祈りの中などに見出された。
教皇は、このようにナザレのマリアとヨセフとイエスは、家族として、神のご計画を見出すために互いに助け合いながら、神の御旨に共に一つの答えを差し出している、と話された。
ナザレの聖家族は、祈り、働き、対話していた、と述べた教皇は、今日の家族たちに、互いに対話をしていますか、それとも同じテーブルにつきながらも一人ひとりが携帯電話を見ていますか、と問われた。
教皇は、両親、子どもたち、祖父母、兄弟間の対話を取り戻さなくてはならないと述べ、それを聖家族の祝日の課題として掲げられた。

29 12月 2019, 14:39

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

教皇、ソマリアでの爆破テロの犠牲者に祈り

バチカン放送日本語課[2019.12.29.]より

教皇フランシスコは、ソマリアで起きた爆破テロの犠牲者のために祈られた。
教皇フランシスコは、12月29日(日)、バチカンで行われた正午の祈りで、ソマリアで起きた爆破テロについて言及された。
前日12月28日、ソマリア首都モガディシオで発生した自動車爆弾によるテロで、70人以上が死亡、 多数の市民が負傷した。
教皇は、「恐ろしいテロ攻撃」の犠牲者のために祈ると共に、すべての遺族と、親しい人を失い深い悲しみにある人々に、精神的な寄り添いを表明された。
29 12月 2019, 18:26

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

聖ステファノ祝日:教皇「天の栄光は、愛と献身から」

バチカン放送日本語課[2019.12.26.]より

教皇フランシスコは、聖ステファノの祝日に、バチカンで正午の祈りの集いを行われた。
カトリック教会の典礼暦は、主の降誕の祭日の翌日、12月26日、キリスト教の最初の殉教者、聖ステファノ助祭を記念する。
教皇フランシスコは、この日、バチカンで多くの巡礼者たちと共に正午の祈りを行われ、説教の中で聖ステファノの祝日の意義について話された。
降誕祭の喜ばしい雰囲気の中で、キリスト教の最初の殉教者を記念することは、一見ふさわしくない印象を与えるが、信仰の眼差しでとらえる時、この殉教者の祝日は、クリスマスの真の意味と呼応するものである、と教皇は述べられた。
聖ステファノが殉教という至上の証しの時、天が開けるのを観想し、自分を迫害する者たちを赦したことを思い起こしつつ、教皇は、その殉教において愛は暴力に、いのちは死に打ち勝つことになった、と話された。
聖霊に満ち、言葉だけでなく、特に行いをもってイエスを語り、その生涯と死を通して師イエスと似た者となった、福音の若き奉仕者、聖ステファノの学び舎で、わたしたちも、御父の忠実な証しであるイエスを見つめ、天の栄光は富や権力ではなく、愛と献身からなることを学ぶように、と教皇は招かれた。
教会の最初の7人の助祭の一人であったステファノは(参照:6,1-6)、福音的な兄弟愛と愛徳の業を通してキリストを告げることをわたしたちに教え、殉教によって頂点に達したその証しは、わたしたちのキリスト教共同体の刷新のための源泉である、と教皇は話された。
キリスト教共同体は、常により宣教的に、希望と救いに渇くすべての人々のもとに福音をもたらすように召されていると述べた教皇は、その共同体は、この世の論理を追わず、自分を中心に置くことなく、神の栄光と、小さく貧しい人々をはじめとする、すべての人々の善だけを求めるものでなくてはならない、と説かれた。
教皇は、キリスト教の最初の殉教者聖ステファノの祝日に、過去と現在のすべての殉教者たちを思い起こし、彼らとの交わりを感じ、イエスの名を心と唇に保ちながら生きて死ぬ恵みを彼らに願うよう、呼びかけられた。
26 12月 2019, 15:32

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

降誕祭2019:教皇フランシスコによる「ウルビ・エト・オルビ」

バチカン放送日本語課[2019.12.25.]より

教皇フランシスコは、2019年度の降誕祭に、ローマと全世界に向けたメッセージと祝福「ウルビ・エト・オルビ」をおくられた。
12月25日、2019年度の降誕祭を迎え、教皇フランシスコは、ローマと全世界に向けたメッセージと祝福「ウルビ・エト・オルビ」をおくられた。
24日午後、教皇はバチカンの聖ペトロ大聖堂で、主の降誕の荘厳な深夜ミサを捧げられた。
明けてクリスマスの朝、ローマには、透き通った青空が広がった。
イタリア北部ヴェネト産のモミノキと、トレンティーノ=アルト・アディジェ州スクレッレの人々の手によるプレゼピオ(イエスの降誕の場面を表した馬小屋の模型)で飾られた、バチカンの聖ペトロ広場には、教皇の祝福を求めて、世界中の巡礼者らが詰めかけた。
正午、教皇は、聖ペトロ大聖堂の中央バルコニーから、クリスマスのメッセージを読み上げると共に、ローマと全世界の人々に向け、教皇祝福をおくられた。
教皇フランシスコの2019年度のクリスマス・メッセージは次のとおり。


「闇の中を歩む民は、大いなる光を見た」(イザヤ9,1)
親愛なる兄弟姉妹の皆さん、主のご降誕おめでとうございます。
母なる教会の胎から、この夜、人となられた神の御子が再び生まれました。その幼子の名はイエス、「神は救う」という意味です。永遠の無限の愛であられる御父は、世を裁くためでなく、救うために(参照:ヨハネ3,17)、御子を遣わされました。御父は御子を限りないいつくしみと共に与えられました。御子はすべての人のために、そして、永遠に与えられたのです。イエスは、夜の闇と寒さの中に灯された小さな炎のようにお生まれになりました。
おとめマリアから生まれたこの幼子は、人となった神の御言葉です。それはアブラハムの心と歩みを約束の地へと導き、神の約束を信じる者たちを今も惹きつける御言葉です。それは、ユダヤ人たちを隷属からの解放の歩みの中で導いた御言葉です。そして、それは太陽よりも光り輝く御言葉、人間の小さな子どもの姿をとられた、世の光、イエスです。
それゆえに、預言者イザヤは叫びます。「闇の中を歩む民は、大いなる光を見た」(同9,1)と。そうです、人間の心に闇があっても、キリストの光はもっと大きいのです。個人や家族、社会の間に闇があっても、キリストの光の方がずっと強いのです。経済や地域政治、環境上の紛争に闇があっても、キリストの光はそれに勝るのです。
中東や世界の様々な国で戦争や紛争に苦しむ多くの子どもたちに、キリストが光となりますように。
ここ10年の、国を引き裂く対立の終結をいまだ見ることができないでいる、愛するシリアの人々に、キリストが慰めとなりますように。善意の人々の良心を揺さぶり、統治者や国際共同体に、地域の人々の安全と平和な共存を保証し、苦しみに終止符を打たせる解決を、見出させることができますように。
キリストがレバノンの人々の支えとなりますように。同国が現在の危機から抜け出し、すべての人の自由と調和ある共存のメッセージとしての、その召命を再び見出すことができますように。
主イエスが、人間の救い主としてお生まれになった聖地にとっての、光でありますように。そこでは、多くの人が苦難にも信頼を失うことなく、平和と安全と発展の日を待ち続けています。
主イエスが、社会的緊張状態にあるイラク、重大な人道危機に見舞われているイエメンにとって、慰めでありますように。
ベツレヘムの幼子が、アメリカ大陸全土の、希望でありますように。同大陸では、様々な国が社会的、政治的な動揺の中にあります。
幼子イエスが、政治と社会の緊張に長く苦しむベネズエラの人々を励まし、必要な助けが欠けることのないようにしてくださいますように。正義と和解の促進に尽くし、いろいろな危機や一人ひとりの尊厳を蹂躙する様々な形の貧困の克服のために働く人々の努力を祝福してくださいますように。
世の贖い主が、恒久平和のための具体的解決を渇望する愛するウクライナにとっての、光でありますように。
お生まれになった主が、アフリカの人々の光でありますように。アフリカでは、人々を家や家族と別れさせ、移民することを余儀なくさせる社会・政治的状況が続いています。
主が、長引く紛争に傷ついたコンゴ民主共和国東部の人々にとっての平和でありますように。主が、暴力や自然災害、健康上の危機に苦しむ人々の慰めでありますように。
主が、信仰のために迫害される人々、特に拉致された宣教者や信徒たち、ブルキナファソ、マリ、ニジェール、ナイジェリアにおいて、過激派グループの攻撃の犠牲となっている人々にとって、慰めでありますように。
天から地上に降りられた神の御子が、これらの、また他の不正義によって、安全な生活への希望をもって移民せざるを得ない人々の、守りであり支えでありますように。不正義が、彼らに砂漠や海を旅させ、そこを墓場にしてしまいます。不正義が、彼らを言語道断の搾取、あらゆる形の隷属、非人道的な留置施設での拷問にあわせています。不正義が、彼らを尊厳ある生活への希望が持てると思われる場所に押しやり、そこで彼らを無関心の壁に突き当たらせるのです。
インマヌエルが、すべての傷つく人類のための、光でありますように。わたしたちの頑なで利己的な心を和らげてくださいますように。そして、わたしたちを愛の道具としてくださいますように。
わたしたちの貧しい顔を通して、世界中の子どもたち、特に見捨てられた子どもたち、暴力を受けた子どもたちに、その笑顔を与えてくださいますように。わたしたちの弱い腕を通して、貧しい人に服を着せ、飢えた人にパンを与え、病気の人の世話をさせてくださいますように。わたしたちの頼りない同伴を通して、お年寄りや孤独な人、移民や疎外された人々と共にいてくださいますように。
このお祝いの日に、インマヌエルがすべての人々にその優しさを与え、この世の闇を照らしてくださいますように。
25 12月 2019, 13:41

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

降誕祭2019:「イエスのように、自分自身を贈り物に」教皇、深夜ミサ

バチカン放送日本語課[2019.12.25.]より

教皇フランシスコは、2019年の降誕祭の深夜ミサをバチカンで捧げられた。
教皇フランシスコは、12月24日、2019年の降誕祭の深夜ミサをバチカンで捧げられた。
ミサがとり行われた聖ペトロ大聖堂には、熱心な信者たちが大勢詰めかけた。
ミサの初め、救い主の誕生を告げる「カレンダ」の朗唱が行われた。
「カレンダ」の終わりと共に、祝いの鐘が鳴り響くと、教皇は祭壇前のまぐさ桶の覆いを取り、幼子イエス像を示された。
そして、教皇の献香に続き、着物姿の少女たちをはじめ、世界各国の子どもたちが、幼子イエス像に花を捧げた。
ミサの説教で教皇は、羊飼いたちが夜通し羊の群れの番をしていると「主の栄光が周りを照らした」と、ルカ福音書(2,9)が語る場面を観想された。
その闇を照らした光とは何を意味するのだろうか。教皇はその答えとして、「実に、すべての人々に救いをもたらす神の恵みが現れました」という、聖パウロの「テトスへの手紙」(2,11)の言葉を示された。
では、その恵みとは何であろうか。教皇は、それはいのちを変容し、歴史を新たにする神の愛、悪から解放し、平和と喜びで満たす愛であると話し、その神の愛は、今夜、イエスを通してわたしたちに表された、と説かれた。
わたしたちがふさわしくない者であるにも関わらず、イエスはわたしたちのために小さき者となられ、わたしたちが自分のことだけのために出て行く時、イエスはわたしたちのために入って来られた、と教皇は語った。
教皇は、クリスマスはすべての人を愛する神の愛を思い出す機会と述べ、神の愛はあなたの思いや行いの如何に関わらず、無条件に愛する愛であると強調された。
これほどにも大きな恵みを前に、わたしたちは何をしたらよいのだろうか。教皇はわたしたちが唯一すべきこと、それはその恵みを受け入れ、感謝することである、と話された。
「恵みを受け取ることは、感謝を知ること」と教皇は述べ、イエスという贈り物を受けたわたしたちは、自分たち自身もイエスのような贈り物にならなければならない、と説かれた。
さらに、「自分が贈り物となることは、人生に意味を与えること」と教皇は指摘。
自分のいのちを贈り物としながら、他人を変えようとするのではなく、自分自身が変わろうとする時、自分も、教会も、歴史も変わり、それは世界を変える最良の方法となる、と説かれた。
ミサの終わりに、教皇は幼子イエス像を腕に抱き、子どもたちや高位聖職者らと共に行列を作り、聖堂内に創られたプレゼピオ(イエスの降誕の場面を表現した馬小屋の模型)へと向かわれた。
プレゼピオの前で、助祭は教皇から受け取った幼きイエス像を馬小屋の飼い葉桶の中に寝かせた。
降誕祭の聖歌が歌われる中、教皇や参加者らは飼い葉桶の中の幼子を見つめ祈った。
25 12月 2019, 10:28

Facebook にシェア
[`evernote` not found]