[小郡]復活節第6金曜日[2020.5.22.]

第一朗読:使徒言行録18・9-18/福音:ヨハネ16・20-23a

【開祭】 音声  入祭唱・あいさつ・回心・あわれみの賛歌・集会祈願

【入祭唱】(入祭の歌を歌わない場合は入祭唱を唱える)主は、ご自分の血によってわたしたちをあがない、神に仕える祭司としてくださった。アレルヤ。

【集会祈願】 いつくしみ深い父よ、御ひとり子の奉献によって約束された世界の救いを、福音宣教を通して実現させてください。キリストのことばを受け入れて、すべての人が神の子どもとなりますように。聖霊の交わりの中で、あなたとともに世々に生き、支配しておられる御子、わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【第一朗読】 音声

【第一朗読】 [パウロがコリントに滞在していた]ある夜のこと、主は幻の中でパウロにこう言われた。「恐れるな。語り続けよ。黙っているな。わたしがあなたと共にいる。だから、あなたを襲(おそ)って危害を加える者はない。この町には、わたしの民が大勢いるからだ。」パウロは一年六か月の間ここにとどまって、人々に神の言葉を教えた。ガリオンがアカイア州の地方総督であったときのことである。ユダヤ人たちが一団となってパウロを襲い、法廷に引き立てて行って、「この男は、律法に違反するようなしかたで神をあがめるようにと、人々を唆(そそのか)しております」と言った。パウロが話し始めようとしたとき、ガリオンはユダヤ人に向かって言った。「ユダヤ人諸君、これが不正な行為とか悪質な犯罪とかであるならば、当然諸君の訴えを受理するが、問題が教えとか名称とか諸君の律法に関するものならば、自分たちで解決するがよい。わたしは、そんなことの審判者になるつもりはない。」そして、彼らを法廷から追い出した。すると、群衆は会堂長のソステネを捕まえて、法廷の前で殴(なぐ)りつけた。しかし、ガリオンはそれに全く心を留めなかった。パウロは、なおしばらくの間ここに滞在したが、やがて兄弟たちに別れを告げて、船でシリア州へ旅立った。プリスキラとアキラも同行した。パウロは誓願(せいがん)を立てていたので、ケンクレアイで髪を切った。

【答唱詩編】 音声

【答唱詩編】 詩編47 答唱句:神に向かって喜び歌い、感謝の歌をささげよう。/すべての民よ、手を打ち鳴らし、神に喜びの叫びをあげよ。すべてを越える神、おそるべきかた、世界を治める偉大なおう。/神をたたえてほめ歌え。わたしたちの王をほめ歌え。まことに神は世界のおう。力の限りほめ歌え。

【アレルヤ唱】 音声

【アレルヤ唱】ルカ24・46+26 アレルヤ、アレルヤ。キリストは苦しみを受けて、死者のうちから復活し、栄光に入るかた。アレルヤ、アレルヤ。

【福音朗読】 音声

【福音朗読】 [そのとき、イエスは弟子たちに言われた。]「はっきり言っておく。あなたがたは泣いて悲嘆(ひたん)に暮れるが、世は喜ぶ。あなたがたは悲しむが、その悲しみは喜びに変わる。女は子供を産むとき、苦しむものだ。自分の時が来たからである。しかし、子供が生まれると、一人の人間が世に生まれ出た喜びのために、もはやその苦痛を思い出さない。ところで、今はあなたがたも、悲しんでいる。しかし、わたしは再びあなたがたと会い、あなたがたは心から喜ぶことになる。その喜びをあなたがたから奪(うば)い去る者はいない。その日には、あなたがたはもはや、わたしに何も尋ねない。」

【オミリア】4分44秒

【奉納】 音声  パンとカリスを供える祈り・清め・奉納祈願

【奉納祈願】 神よ、この家族の供えものを受け入れてください。あなたの力に支えられて、洗礼の恵みのうちに生き、約束された国に入ることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。アーメン。

【叙唱】 音声  叙唱前句・叙唱・感謝の賛歌

【叙唱】 (復活一)聖なる父よ、いつでも、また特にこの時、あなたをたたえ祝うことは、まことにとうといたいせつな務めです。わたしたちの過越キリストは、世の罪を取り除かれたまことのいけにえの小羊、ご自分の死をもってわたしたちの死を打ち砕き、復活をもってわたしたちにいのちをお与えになりました。神の威光をあがめ、権能を敬うすべての天使とともに、わたしたちもあなたの栄光を終わりなくほめ歌います。

【第2奉献文】 音声  記念唱・栄唱

【第2奉献文】 まことにとうとく すべての聖性の源である父よ、いま聖霊によってこの供えものを とうといものにしてください。わたしたちのために 主イエス・キリストの御からだと➕御血になりますように。/主イエスはすすんで受難に向かう前に、パンを取り、感謝をささげ、割って弟子に与えて仰せになりました。「皆、これを取って食べなさい。これはあなたがたのために渡される わたしのからだである。」/食事の終わりに同じように杯を取り、感謝をささげ、弟子に与えて仰せになりました。「皆、これを受けて飲みなさい。これはわたしの血の杯、あなたがたと多くの人のために流されて 罪のゆるしとなる 新しい永遠の契約の血である。これをわたしの記念として行いなさい。」/信仰の神秘:主の死を思い、復活をたたえよう、主が来られるまで。/わたしたちはいま、主イエスの死と復活の記念を行い、ここであなたに奉仕できることを感謝し、いのちのパンと救いの杯をささげます。キリストの御からだと御血に ともにあずかるわたしたちが、聖霊によって一つに結ばれますように。/世界に広がるあなたの教会を思い起こし、わたしたちの教皇フランシスコ、わたしたちの司教ヨゼフ・アベイヤ、すべての教役者(きょうえきしゃ)をはじめ、全教会を愛の完成に導いてください。/また、復活の希望をもって 眠りについたわたしたちの兄弟姉妹と すべての死者を心にに留め、あなたの光の中に受け入れてください。/なお、わたしたちをあわれみ、神の母おとめマリアと聖ヨセフ、使徒とすべての時代の聖人とともに 永遠のいのちにあずからせてください。御子イエス・キリストを通して あなたをほめたたえることが できますように。/キリストによってキリストとともにキリストのうちに、聖霊の交わりの中で、全能の神、父であるあなたに、すべての誉れと栄光は、世々に至るまで、アーメン。

【交わりの儀】 音声  主の祈り・副文・教会に平和を願う祈り・平和のあいさつ・平和の賛歌・ 拝領前の信仰告白

【拝領唱】音声 (歌わない場合は次の拝領唱を唱える)

【拝領唱】ローマ4・25 主イエスは、わたしたちの罪のために死に渡され、わたしたちが正しい者とされるために復活された。アレルヤ。

【霊的聖体拝領の祈り】 主イエス・キリスト、あなたがご聖体の秘跡のうちにまことにおいでになることを信じ、すべてに超えてあなたを愛し、私の心に迎えたいと望みます。今、秘跡によるご聖体を受けることができない私の心に、おいでくださいますように。(少し沈黙で、イエス・キリストを心の中に迎え入れる)あなたが、今私の心にまことにおいでくださったことを信じて感謝します。いつもあなたと一致したいと望む私が、あなたから離れることのないようにしてください。」(カルメル会『祈りの友』より)

【拝領祈願・閉祭】 音声  派遣の祝福・閉祭のあいさつ

【拝領祈願】 聖なる父よ、救いの恵みを受けた人々を、いつくしみをもってお守りください。御子イエスの死によってあがなわれた者が、その復活の喜びに生きることができますように。わたしたちの主イエス・キリストによって。 アーメン。

【新型コロナウイルス感染症に苦しむ世界のための祈り】

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA