【クララ】年間第12金曜日[2020.6.26.]

ナイアガラの滝

第一朗読:列王記下25・1-12/福音朗読:マタイ8・1-4

【福音朗読】 音声

【福音朗読】 [そのとき、]イエスが山を下りられると、大勢の群衆が従った。すると、一人の重い皮膚病を患っている人がイエスに近寄り、ひれ伏して、「主よ、御心(みこころ)ならば、わたしを清くすることがおできになります」と言った。イエスが手を差し伸べてその人に触れ、「よろしい。清くなれ」と言われると、たちまち、重い皮膚病は清くなった。イエスはその人に言われた。「だれにも話さないように気をつけなさい。ただ、行って祭司に体を見せ、モーセが定めた供え物を献げて、人々に証明しなさい。」

【本田哲郎訳】*典礼での朗読には使用することはできません。  《らい病の人は、イエスが「けがれ」を共有したときに、清められた》イエスが山からおりて来ると、おおぜいの民衆がついて来た。そのとき、一人のらい病をわずらっている人が近づいて来てひれ伏し、「主よ、あなたがたその気になれば、わたしを清くすることができるはずです」と言った。イエスは手をのばしてその人を抱きしめ、「わたしは、のぞむ。清くなるように」と言うと、たちまち、らい病は清められた。イエスはその人に言った。「だれにも言わないように気をつけなさい。ただ行って、祭司にからだを見せ、祭司たちへの証明のために、モーセが定めた供えものをささげなさい」。

【オミリア】12分48秒

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA