【小郡】年間第13主日 説教【2020.6.28.】

さらなる苦しみの十字架

小郡の皆さんとの公開ミサ。年間第13主日11時からのミサ。参加者は45人でした。今日のミサは中継されました。

第一朗読:列王記4・8-11、14-16a/第二朗読:ローマ6・3-4、8-11/福音:マタイ10・37-42

【第二朗読】[皆さん、]あなたがたは知らないのですか。キリスト・イエスに結ばれるために洗礼を受けたわたしたちが皆、またその死にあずかるために洗礼を受けたことを。わたしたちは洗礼によってキリストと共に葬(ほうむ)られ、その死にあずかるものとなりました。それは、キリストが御父の栄光によって死者の中から復活させられたように、わたしたちも新しい命に生きるためなのです。わたしたちは、キリストと共に死んだのなら、キリストと共に生きることにもなると信じます。そして、死者の中から復活させられたキリストはもはや死ぬこがない、と知っています。死は、もはやキリストを支配しません。キリストが死なれたのは、ただ一度罪に対して死なれたのであり、生きておられるのは、神に対して生きておられるのです。このように、あなたがたも自分は罪に対して死んでいるが、キリスト・イエスに結ばれて、神に対して生きているのだと考えなさい。

【本田哲郎訳】*典礼での朗読には使用することはできません。  《自分に死んで、キリストのいのちを生きる—沈めの式(洗礼)の意味》あなたたちは知らないのですか。キリスト・イエスの内に身を沈めていただいたわたしたちはみな、キリストの死に、身を沈められたのです。死への沈めの式を受けることによって、わたしたちはキリストとともに埋葬(まいそう)されたのです。そのうえで、キリストが父を輝かし出すために死んだ者たちの中から立ち上がられたように、わたしたちもまた、新しいいのちを帯びてあゆむことになるのです。/もし、わたしたちがキリストとともに死ぬことができているのなら、キリストとともに生きることにもなると、信頼してあゆみを起こすことができます。死んだ者たちの中から立ち上がられたキリストは、もはや死ぬことはなく、死はもはやキリストを支配できないと、わたしたちには分かっているからです。キリストが死んだのは、はずれた道に対して死んだということであり、それは、ただ一度で十分なことでした。キリストが生きているのは、神に対して生きているということです。同じようにあなたたちも、はずれた道に対して自分は死人であり、神に対しては、キリスト・イエスと一体となって生きているのだと考えてください。

【福音】朗読

【福音】[そのとき、イエスは使徒たちに言われた。]「わたしよりも父や母を愛する者は、わたしにふさわしくない。わたしよりも息子や娘を愛する者も、わたしにふさわしくない。また、自分の十字架を担(にな)ってわたしに従わない者は、わたしにふさわしくない。自分の命を得ようとする者は、それを失い、わたしのために命を失う者は、かえってそれを得るのである。あなたがたを受け入れる人は、わたしを受け入れ、わたしを受け入れる人は、わたしを遣(つか)わされた方を受け入れるのである。預言者を預言者として受け入れる人は、預言者と同じ報(むく)いを受け、正しい者を正しい者として受け入れる人は、正しい者と同じ報いを受ける。はっきり言っておく。わたしの弟子だという理由で、この小さな者の一人に、冷たい水一杯でも飲ませてくれる人は、必ずその報いを受ける。」

【本田哲郎訳】*典礼での朗読には使用することはできません。  《分裂をおそれずに立場を鮮明にせよ。小さくされた者が平和を生み出す》「わたしよりも父や母に愛着をもつ人は、わたしとあゆみを共にできない。わたしよりも息子やむすめに愛着をもつ人は、わたしとあゆみを共にできない。自分の十字架を受けとめ、わたしのあとについて来ない人は、わたしとあゆみを共にできない。自分自身を得ようとばかりする人は、自分をほろぼしてしまい、わたしのために自分を使いほろぼす人は、自分自身を得るのである」。

《小さくされた者への尊敬をこめた連帯が、神の国のいのちを共有させる》「あなたたちを受け入れる人は、わたしを受け入れるのであり、わたしを受け入れる人は、わたしをつかわされた方を受け入れるのである。預言者を、預言者とみとめて受け入れる人は、その預言者と同じむくいを受け、解放をこころざす人を、解放をこころざす人とみとめて受け入れる人は、解放をこころざすその人と同じむくいを受ける。この小さくされた者の一人を、わたしの弟子とみとめて、よく冷やした水一杯でも差しだす人は、はっきり言っておくが、わたしの弟子であるその小さくされた者と同じむくいを受けるのである」。

【説教】12分55秒

Facebook にシェア
[`evernote` not found]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA